ゲノム編集で出産「無責任」 国際会議が非難声明

2018/11/29 19:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【香港=安藤淳】遺伝情報を容易に書き換えられるゲノム編集技術の医療応用などを話し合う第2回ヒトゲノム編集国際会議が29日、閉幕した。次回は2021年ごろロンドンで開く。組織委員会は、ヒト受精卵をゲノム編集し子を誕生させたとする中国・南方科技大学(広東省深圳市)の賀建奎副教授を「無責任で国際的な規範に反する」と非難する声明を出した。

【関連記事】「ゲノム編集女児」中国の研究者が発表

賀副教授は大会後…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]