経営トップの解任、「基準検討」4割に急増 民間調べ
日産問題受け、対応加速も

2018/11/29 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

最高経営責任者(CEO)など経営トップの解任基準の整備を検討する企業が増えている。2018年の調査では検討中とする企業の割合が45%と前年の14%から大幅に高まった。カルロス・ゴーン容疑者が日産自動車の会長を解任されたことを受け、経営トップの解任を巡る基準づくりへの関心がさらに強まりそうだ。

東京証券取引所が今年6月に改定した企業統治指針は経営トップなどの選任に加えて、解任の方針や手続きについて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]