/

この記事は会員限定です

経営トップの解任、「基準検討」4割に急増 民間調べ

日産問題受け、対応加速も

[有料会員限定]

最高経営責任者(CEO)など経営トップの解任基準の整備を検討する企業が増えている。2018年の調査では検討中とする企業の割合が45%と前年の14%から大幅に高まった。カルロス・ゴーン容疑者が日産自動車の会長を解任されたことを受け、経営トップの解任を巡る基準づくりへの関心がさらに強まりそうだ。

東京証券取引所が今年6月に改定した企業統治指針は経営トップなどの選任に加えて、解任の方針や手続きについても新たに説明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り405文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン