2019年7月23日(火)

ARでものづくり 製造業、保守や検査の時間短縮

2018/12/1 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ポケモンGO」などエンターテインメント業界で活躍してきた拡張現実(AR)が製造現場でも普及し始めた。機械メーカーなどは製品の検査や保守作業にARを導入し、作業の効率化を進める。実際の製品にタブレットをかざすだけで作業手順が見えるARで作業時間を短縮する。産業分野でのAR市場規模は25年までに現在の約3倍に拡大する見込みだ。

自動車部品を手掛けるヒロテックは広島の工場でARの導入を進める。ドア部…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。