2019年4月25日(木)

中部空港、介助犬に訓練場所を提供

2018/11/29 21:05
保存
共有
印刷
その他

中部国際空港会社(愛知県常滑市)は29日、日本介助犬協会と組み、同空港を介助犬の訓練場所として提供すると発表した。障害を持つ人など様々な人が空港を利用しやすくする。同空港によると、日本の空港では初の取り組みになるという。

介助犬の訓練場所を提供する(29日、中部空港)

同日の記者会見で、友添雅直社長は「皆様に喜んでいただける快適な空港を目指していく」と話した。手足にまひのある人などを助ける介助犬が、人混みや飛行機の騒音にも慣れるように訓練する。2~3カ月に一度の頻度で訓練を進める。

日本介助犬協会の高柳友子専務理事は「介助犬の活躍の場が広がれば、障害者の社会参画につながる」と話した。同協会は愛知県長久手市に介助犬の訓練センターを持ち、介助犬を育成している。介助犬はスマートフォンといった持ち物を捜すなどでパートナーを助ける役割を果たしている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報