/

中部空港、介助犬に訓練場所を提供

中部国際空港会社(愛知県常滑市)は29日、日本介助犬協会と組み、同空港を介助犬の訓練場所として提供すると発表した。障害を持つ人など様々な人が空港を利用しやすくする。同空港によると、日本の空港では初の取り組みになるという。

介助犬の訓練場所を提供する(29日、中部空港)

同日の記者会見で、友添雅直社長は「皆様に喜んでいただける快適な空港を目指していく」と話した。手足にまひのある人などを助ける介助犬が、人混みや飛行機の騒音にも慣れるように訓練する。2~3カ月に一度の頻度で訓練を進める。

日本介助犬協会の高柳友子専務理事は「介助犬の活躍の場が広がれば、障害者の社会参画につながる」と話した。同協会は愛知県長久手市に介助犬の訓練センターを持ち、介助犬を育成している。介助犬はスマートフォンといった持ち物を捜すなどでパートナーを助ける役割を果たしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン