/

井関農機、インド農機大手と技術・業務提携

井関農機は29日、インド農機大手のトラクターズアンドファームエクイップメント(TAFE)と技術・業務提携を結んだと発表した。インドはトラクターの市場規模が約65万台と世界最大級の国で、TAFEは市場シェア2位。井関農機のトラクターの技術を供与してTAFEの販売網で展開してもらうほか、部品を相互に供給する。

すでに現地ではクボタやヤンマーなどの日本大手農機メーカーが進出しており、井関農機は後発となるが、TAFEの販売網と同社の技術力を組み合わせ、本格的に現地に進出したい考えだ。TAFEは井関農機が連携している米大手農機メーカーとも資本関係があり、今後グローバルでの生産販売強化のカギを握りそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン