/

濱田酒造、主力工場で食品安全マネジメントの国際規格

濱田酒造(鹿児島県いちき串木野市)は29日、主力工場である「傳藏院蔵」(同)で食品安全マネジメントシステムの国際規格「FSSC22000」の認証を取得したと発表した。登録日は11月21日付。同規格の認証取得は鹿児島県の焼酎メーカーで初めてという。

FSSC22000は世界の流通・食品大手約650社が加入する国際食品安全イニシアチブ(GFSI)が承認した規格で、濱田酒造では2016年から取得に向けた取り組みを続けてきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン