/

関西のスタートアップ、1075社リスト公表 近畿経産局

近畿経済産業局や自治体、起業支援組織などでつくる「関西ベンチャーサポーターズ会議」は29日、福井県を含む2府5県のスタートアップ企業を中心とした1075社のリストを公表した。経済団体などから関西の有望な企業の実態を知りたいという要望があり、各地域の支援機関などから提供された企業情報をとりまとめた。

リストは府県、政令市のほか、民間でスタートアップ企業を支援している大阪イノベーションハブ、京都リサーチパークなど6者からリストの提供を受けて作成。近畿経産局のウェブサイト上で府県別に公開した。企業名、創業年、事業概要、各社のウェブサイトの案内などを見ることができる。

府県別には大阪が517社で最も多く、京都244社、兵庫158社など。業種別には製造業が27%、情報通信が17%と多かった。

同会議は2019年2~3月をめどに、企業からの情報を随時更新する新着情報欄を設けるほか、掲載企業へのアンケートをもとに活用施策なども掲載する。他の支援機関などからの情報をもとに企業も随時追加する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン