/

会計士協の関根会長「事実関係を把握中」 日産の報酬過少記載巡り

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の報酬過少記載事件を巡り、日本公認会計士協会の関根愛子会長は29日の定例記者会見で「事実関係の把握に努めている」と述べた。会計士の自主規制機関として、日産自の監査を務めるEY新日本監査法人などに経緯などを聞いているという。

今回の事件で問題となっているのは有価証券報告書の報酬記載欄で、会計士による監査証明の対象ではない。関根会長は「報酬の数字が変化すれば(監査対象の財務諸表にも)何か関係するかもしれないので、まずは事実関係を確認したい」と話した。

EY新日本とのやり取りについては「懲戒手続きなどにおける調査ではない」と強調。一般的な意味合いでの情報収集の一環という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン