/

全日空、「銀だこ」機内食に 日本の食文化を発信

全日空が機内の軽食メニューで提供する「銀だこ」

全日本空輸は、ホットランドが運営する「築地銀だこ」のたこ焼きを12月1日から国際線で提供すると発表した。ビジネスクラスが対象。訪日外国人が増加するなか、日本の食文化を海外へ発信する考えだ。

日本発の北米やメキシコ、オセアニア路線と、羽田空港発の東南アジアの一部路線に導入する。軽食のメニューに加える。全日空の国際線は乗客の約半数が外国籍という。過去にお好み焼きを提供して好評だったため、たこ焼きを取り入れた。

「銀だこ」のたこ焼きは、皮がパリっとして中がトロっとした生地が特徴。全日空は「銀だこ」の製法を再現し、自社工場で職人が手作りする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン