/

この記事は会員限定です

iPhoneユーザーに選択迫る 総務省の「完全分離」案

ITジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

総務省の有識者会議は26日、携帯電話の通信料金と端末代の「完全分離」を求める緊急提言案を公表した。提言では「端末購入等を条件とする通信料金の割引等を廃止」とある。つまりこれまで各携帯電話通信事業者(キャリア)が提供してきた料金プランや販売方法はほとんど否定されたことになる。この影響範囲は大きい。キャリアだけでなく、利用者にも重大な選択を迫ることになる。

実は「分離プラン」自体は目新しいものではない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン