2018年12月12日(水)

ワールド測量設計、樹木診断装置の機能強化

スタートアップ
自動車・機械
中国・四国
2018/12/2 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

建設コンサルタントのワールド測量設計(島根県出雲市)は島根県と共同開発した樹木の腐食度測定装置の機能を強化する。人工知能(AI)を使い樹木の種類を特定できるようにするほか、倒れる危険性が高いと判断した樹木にセンサーを取り付け、常時監視できるようにする。いずれも2~3年内の実現を目指す。人手不足を背景に街路樹や森林の保全作業を効率化したい事業者は多い。装置の機能を高めて、販売台数の増加につなげる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報