/

この記事は会員限定です

写真化学、3Dプリンターの新会社 阪大VCも出資

[有料会員限定]

写真化学(京都市)は同社が開発した国内初のセラミック材料を成形できる3Dプリンターを販売する新会社を立ち上げた。微細な加工ができるため、従来はセラミック材料では作れなかった部品なども製造できるのが特徴。電子部品や医療機器での採用を目指す。まず顧客から部品の開発や製造を受託し、その後装置の販売につなげる。

3Dプリンター事業の販売部門を切り離し、新会社「エスケーファイン」(滋賀県草津市)を設立した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り329文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン