英蘭シェル、脱「石油メジャー」 再生エネに年2200億円

2018/11/29 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルが事業構造の転換を急いでいる。温暖化ガスの排出に厳しい目が向き、石油離れが進むと判断。太陽光や風力などの再生可能エネルギーに年間20億ドル(約2200億円)を投じる。再生エネルギー事業を統括する役員、マーテン・ヴェツェラー氏は日本経済新聞社の取材に「もはや石油メジャーではなく、電力などエネルギーのメジャーになる」と語った。

■電力のリーダーに

ヴェツェラー氏は再生エネの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]