2019年3月19日(火)

食品各社、医療素材に商機 味の素は再生医療向け

2018/11/28 23:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食品各社が医療分野の素材事業に力を入れている。味の素はiPS細胞を心筋などに変化させるたんぱく質「成長因子」を開発し、販売を始めた。キユーピーもヒアルロン酸を使った内視鏡手術用の素材の販売を始めた。少子高齢化で国内の食品市場は伸びが見込みにくいが、蓄積した知見を拡大が見込める医療分野に生かす。

味の素が研究施設などに販売するのは、再生医療向けの細胞培養に使う成長因子と呼ぶ素材。培養したiPS細胞…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報