/

この記事は会員限定です

AIが値決め、広がる価格変動チケット 人気なら2倍も

[有料会員限定]

需給に応じて価格を柔軟に変える「ダイナミックプライシング(DP)」が広がり始めた。Jリーグの名古屋グランパスが12月の試合で初めて導入するほか、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)も2019年1月から時期ごとにチケット価格を変動させる。人工知能(AI)が提案する最適価格により収益拡大と転売を抑える効果が期待できるが、過度な価格上昇を防ぐための工夫も必要になりそうだ。

人気シート、価格2倍に

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1696文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン