/

この記事は会員限定です

レジ袋有料義務化 九州小売から歓迎と注文

[有料会員限定]

プラスチックごみ削減を巡り、政府が2020年度以降のレジ袋有料化を義務付ける方向で検討を始めた。九州・沖縄の小売業はこれまで対応が分かれていたが、実現すれば一定の共通ルールができあがる。「集客面で公平性が担保される」と歓迎する声がある一方、「さらに細かな制度設計を」との要望も。現在は企業の戦略次第だが、今後は自治体の取り組みも焦点になりそうだ。

イオン九州やトライアルカンパニー、コスモス薬品など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン