2019年5月24日(金)

初の女医・荻野吟子の生涯映画化 監督が埼玉県知事と面会

2018/11/28 22:00
保存
共有
印刷
その他

埼玉ゆかりの3偉人の1人で、日本で初めて国家資格を取得した女性医師、荻野吟子(1851~1913)の生涯を描く映画が製作されることになり、山田火砂子監督が28日、埼玉県の上田清司知事と面会した。

山田監督は「笑いながら泣きながら、荻野の生涯を知ってもらえる映画にしたい。現代の女医さんたちに頑張ってくださいというメッセージを込める」と話した。上田知事は「荻野は男女共同参画社会を切り開いた人。映画化は県としてもありがたい話で、できるだけ応援したい」と述べた。

来年4月以降に撮影を始め、同年夏の公開を予定している。出生地の熊谷市もロケ地となるという。

荻野は江戸時代末期の生まれ。夫から性感染症をうつされ、男性医師による治療を受けた苦しさをバネに女医を目指すことを決意。1885年に日本で初めて国家資格を取得した女性医師になった。開業後は女性の地位向上を求める運動や衛生知識の普及に活躍するなど波乱の生涯を送った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報