/

この記事は会員限定です

日銀も引っかかる「補助金」400億円

[有料会員限定]

日銀の保有する上場投資信託(ETF)の残高が増え続けている。28日公表した9月末時点の時価は約29兆円と過去最高を更新した。株価形成を乱すといった副作用はもちろんのこと、ある「補助金」も肥大化している。運用会社に支払われる年400億円規模の信託報酬だ。

日銀は金融緩和の一環で日経平均株価などに連動するETFを買っている。その額は毎年、6兆円。2%の物価目標の達成が見通せず緩和策を継続するため、残高は今...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り679文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン