AR時代に主導権、三菱ケミHDや米ナイアンティックが連合 専用レンズ開発

2018/11/29 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

AR(拡張現実)時代の本格到来に先駆け、異業種のトップランナーが手を組む。三菱ケミカルホールディングスは米国スタートアップのデジレンズに数億円の出資を決めた。軽くて安価なAR専用のレンズを共同開発する。デジレンズには「ポケモンGO」の米ナイアンティックも出資し、ARコンテンツを制作する。素材とゲームの大手が組んでARの普及を後押しする。

デジレンズはARデバイスのスタートアップだ。ガラスやプラス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]