米アマゾンが電子レンジ サブスク戦略の柱になるか

2019/1/3 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 米アマゾン・ドット・コムが2018年9月に発表した、音声人工知能(AI)の連携が可能な電子レンジの出荷が始まった。59.99ドルと安価にして購入のハードルを下げる一方で、アマゾンの電子商取引(EC)と連携させた新たなサブスクリプション契約を推進する役目も持っている。

筆者の米カリフォルニア州のシリコンバレーにある自宅に、おなじみのアマゾンの大きめの箱が届いた。中身はアマゾンオリジナルの家電シリー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]