ウィラー、釧網線と周遊バス乗り放題パス 流氷観光に

2018/11/28 21:30
保存
共有
印刷
その他

高速バス大手のウィラー(大阪市)は28日、釧路駅と網走駅を結ぶJR釧網線と、沿線観光地の周遊バスが乗り放題になる交通パスの販売を始めた。9~10月に同区間で実施した乗り放題券に続く第2弾。流氷で知られる網走などの魅力に照準を合わせて誘客を促し、冬場の観光需要を掘り起こす。

網走の流氷は冬場の観光スポットとして人気が高い

名称は「Eastern Hokkaido Nature Pass 2019 Winter」。利用期間は2019年2月1日~3月20日で、ウィラーの予約サイトで販売する。乗り放題となるのはJR釧網線が3日間で、これに知床や摩周湖など沿線の観光地を巡る周遊バスの乗車券などをセットにした。

パスは2種類あり、網走で流氷観光を楽しめる砕氷船「おーろら」の1回乗船券がつくコースは、1万3800円(子供半額)。パス購入後に発行する電子クーポンをスマートフォンで取得し、その画面を提示して利用できる。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]