/

平成最後の福袋、目玉は体験型 阪急阪神百貨店など

阪急阪神百貨店は28日、2019年初売りの福袋の内覧会を開いた。有名シェフが自宅で料理をふるまう商品(税別30万円)や、サッカーのガンバ大阪の試合観戦とオリジナルユニホーム作成のセット(5万4000円)などを販売する。平成最後の福袋は、非日常を味わえる体験型が目玉になりそうだ。

高島屋はW杯の試合会場で黄金のラグビーボールを手渡す(3100万円)

阪急阪神百貨店は15種類の体験型福袋を用意する。2人1組限定の豪華クルージング(201万9000円)は九州や韓国を巡る6日間で、スイートルームに泊まれる。エステを受けたあとにドレスを着て、プロのカメラマンに撮影してもらうイベントもある。企画した大村聡一氏は「採算はとれないが、購入者に普段できない体験をしてもらいたい」と語る。

阪急阪神百貨店は6日間のクルージング(201万9000円)などを用意した

ほかの百貨店も体験型福袋を用意し、高島屋は19年のラグビーワールドカップ(W杯)や20年の東京五輪を意識した。元ラグビー選手の松尾雄治氏が手渡してくれる黄金のラグビーボール(3100万円)や、ホッケー日本女子代表「さくらジャパン」の選手から指導を受けられる教室(2万190円)などを販売する。

近鉄百貨店は「ひふみん」の愛称で親しまれる将棋の加藤一二三九段と対局したり(2万190円)、花園ラグビー場(大阪府東大阪市)でラグビーの指導を受けたり(1チーム2万190円)できる福袋を売りだす。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン