/

この記事は会員限定です

京都・祇園に帝国ホテル 20年メド、弥栄会館を改修

[有料会員限定]

帝国ホテルは2020年をめどに京都・祇園に新たにホテルを開業する。日本有数の花街である祇園の中心部に立つ国の登録有形文化財に耐震改修を施し、富裕層向けに宿泊施設として活用する。国内外から観光客が集まる京都市で、不足する高級ホテルの需要を取り込む狙いだ。

祇園の中心地に立つ、昭和初期建設の国の登録有形文化財の「弥栄(やさか)会館」をホテルとして改修する。同会館は地上5階、地下1階の鉄筋コンクリート造りで、現在...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り419文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン