2019年1月16日(水)

インド太平洋での影響力へ「貿易摩擦解消を」、日米シンクタンク提言

中国・台湾
北米
2018/11/28 7:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日米の有力シンクタンクが、日米貿易摩擦の解消を急ぐべきだとの提言をまとめた。両国がインド太平洋地域での影響力を維持するため、途上国向けインフラ支援や貿易・投資ルールづくりを主導する環境を整える必要があるというのが理由。広域経済圏構想「一帯一路」を通じて影響力を拡大する中国に対抗するよう唱えている。

アジア・パシフィック・イニシアティブ(船橋洋一理事長)と米戦略国際問題研究所(CSIS)が10項目…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報