2018年12月16日(日)

米中首脳、12月1日に会談へ 不調なら「全品関税も」

トランプ政権
中国・台湾
北米
中南米
2018/11/28 7:17
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】米ホワイトハウスは27日、トランプ大統領が30日~12月1日にアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議の機会に日本、中国、ロシア、韓国、インド、トルコ、ドイツの各国首脳と会談すると発表した。複数の欧米メディアによると、米中首脳はG20が終わった後の1日夜に夕食をともにしながら会談に臨む。

記者会見するクドロー国家経済会議(NEC)委員長=AP

記者会見するクドロー国家経済会議(NEC)委員長=AP

クドロー国家経済会議(NEC)委員長は27日の記者会見で、米中首脳会談が不調に終われば制裁関税の対象を中国からのすべての輸入品に広げる可能性に重ねて言及。貿易赤字の是正に向けて中国に圧力をかけ、譲歩を促す姿勢を示した。

クドロー氏はトランプ大統領が「米中で取引をするいい機会だが、公正さや互恵性が担保されなければいけない」と話していると説明。米企業からの知的財産の窃取や技術の強制移転などが解決されなければいけないとの認識を示した。

保存
共有
印刷
その他

貿易不均衡を議題に 日本、19年のG20で[有料会員限定]

2018/11/25 19:00

米中首脳会談開催へ 市場関係者の見方[有料会員限定]

2018/11/28 9:51

トランプ氏 「会談不調なら全品関税」[有料会員限定]

2018/11/27付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報