/

室蘭工大、北海道3位に躍進 大学ブランド・イメージ調査

日経BPコンサルティング(東京・港)がまとめた「大学ブランド・イメージ調査2018-2019」で、道内で働く人を対象に調査したところブランド力が最も高いのは17年の前回調査に続き北海道大学だった。ベスト5の陣容は変わらなかったが、地域に貢献する実学重視の教育・研究姿勢が評価された室蘭工業大学が前回調査の5位から3位へと躍進した。

北大は「存在感がある」など37項目で得票率首位。総合2位の小樽商科大学は1位の個別項目はなかったものの、幅広く高い評価を集めた。室蘭工大は「地域産業に貢献している」でトップを獲得し、偏差値の上昇率も道内最高。総合4位の北海道教育大学は「礼儀正しい、上品である」など4項目で首位となった。

私立大学で唯一ベスト5に名を連ねた北海学園大学も「面白みがある」など4項目でトップだった。総合5位以内には入らなかったものの、北星学園大学は「柔軟性がある」など2項目で首位。公立はこだて未来大学は「いま注目されている、旬である」、札幌学院大学は「広報活動に力を入れている」、北海道科学大学は「キャンパスのデジタル化が進んでいる」でそれぞれトップだった。

調査は医科大学や体育大学を除く全国9地域の主要456校(道内は13校)が対象。インターネットを通じ7~8月に実施した。地域産業への貢献度や研究施設の充実度など49項目の得票をもとにブランド力の偏差値を算出した。道内の有効回答数は548件だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン