クラウドのセキュリティーを可視化、米社サービスを日立系が販売

2018/11/28 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立ソリューションズ(東京・品川)は、企業向けセキュリティーサービスを手掛ける米ビットグラスと協業する。クラウド利用時のセキュリティー設定や従業員の利用状況を可視化するサービスを12月10日から国内で販売する。クラウドサービスを活用する企業が増え、セキュリティー設定の重要性が高まっていることに対応する。

「CASB(キャスビー)」と呼ばれるサービスを販売する。キャスビーはクラウドの利用状況を可視…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]