2018年12月14日(金)

「バージ型」洋上風力 近海に設置、コスト大幅減
NextTech2030

環境エネ・素材
科学&新技術
2018/11/28 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

海風を利用して発電する洋上風力発電に熱い視線が注がれている。四方を海に囲まれた日本は立地にも適しており、地球温暖化問題の高まりとともに国を挙げて導入を促す動きが活発だ。日立造船などのチームは「バージ型」と呼ばれる水深が浅いところに設置できる新たな風力発電を開発した。9月に北九州市の響灘に設けた。2030年ごろの本格的な稼働を目指している。

洋上風力発電は2つのタイプに大別される。基礎を海底に固定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報