2019年8月19日(月)

欧州の航空旅客、2国間協定で監視強化 東京五輪へテロ対策

2018/11/27 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省は欧州連合(EU)の加盟諸国と航空旅客の情報をやり取りする仕組みづくりに乗り出す。日本への直行便の搭乗客に関する詳細な情報を得るため、2019年春にも主要国とそれぞれ2国間協定を結ぶ方針だ。19年に開催される20カ国・地域(G20)会議や20年の東京五輪・パラリンピックをにらみ、密輸やテロ対策を強化する。

日本の税関はWCO(世界税関機構)の指針や関税法に基づき、日本への航空便の旅客に関し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。