2018年12月13日(木)

リビングスタイル、ブランド横断でプロが家具選び

スタートアップ
サービス・食品
2018/11/27 18:09
保存
共有
印刷
その他

インテリア関連の情報サイト「RoomCo(ルムコ)」を運営するリビングスタイル(東京・新宿)は27日、消費者の要望に合わせてプロが部屋をコーディネートするサービスを始めると発表した。16ブランドの2500以上の商品のなかから、プロのコーディネーターが予算や要望にあわせて家具や雑貨を選ぶ。IT(情報技術)を活用し、消費者のインテリアへの関心を高める狙い。

異なるブランドの商品を組み合わせたコーディネート案をつくる(イメージ)

月に25万人が利用しているサイトのルムコを、大幅に刷新した。これまで家具の選び方やコーディネートに関するコンテンツを提供してきたが、プロのコーディネーターによるコーディネート相談サービスと家具の電子商取引(EC)機能を加えた。

消費者の家の間取りに合わせたコーディネートサービスを提供しているブランドは多いが、自社の商品だけで構成する企業が一般的。今回、ルムコはニトリや大塚家具、無印良品などブランドの壁をまたいでコーディネートできるようにした。利用者から間取りや予算、家族構成などの要望を聞き、インテリアの提案をする。1部屋につき税別5000円で、申し込みから5営業日以内に提案書がまとまる。

提案された家具はルムコや各ブランドのネット通販サイトで購入できる。ファッション業界ではZOZOなどブランドを越えた通販サイトが存在するが、インテリア業界では珍しい。家具ブランドにとっても販路を広げることにつながる。

リビングスタイルは2007年設立。インテリア業界向けのシステム開発を手がけている。家具専門店向けに、接客で使う3DのCG(コンピューターグラフィックス)シミュレーターのシステムなどを提供するなかで蓄積した知見を生かした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報