2019年3月23日(土)

ネット通販に限定商品、アパレル大手が続々提供

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2018/11/28 11:30
保存
共有
印刷
その他

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

アパレル大手がネット通販での先行販売に力を入れ始めた。オンワード樫山は女性向けパーティードレスでネット通販専門ブランドを展開。三陽商会は米ブランドの衣類や雑貨を11月末からネットで先行販売する。コストのかさむ店舗販売を後回しにして、ネット通販で売れ行きや顧客分析をした上で、実店舗を含む販売戦略を立てる事業モデルだ。

オンワード樫山はパーティードレスの新ブランドをネット通販専門で販売する

オンワード樫山はパーティードレスの新ブランドをネット通販専門で販売する

オンワードはパーティードレスのネット通販専門ブランド「フェテローブ」を立ち上げた。グループの衣料品などを販売する公式通販サイト「オンワード・クローゼット」で販売を開始した。

卒業式や結婚式、七五三などに着用する衣料品を想定。ワンピース(1万2千円、税別、以下同じ)や、かばん(1万円)、アクセサリー(6千円)など19種類を用意した。当面はネット通販のみの販売として、今後、実店舗への展開を検討する。

三陽商会は生活提案型の米カジュアルブランド「アポリス」のネット販売を27日から開始した。専門サイトで主力商品である買い物バッグ(8800円)やTシャツ、スエットなど50種類を販売する。

アポリスは三陽商会が日本での販売を手掛ける契約を結んだ。衣類に印刷する専用プリンターで購入したバッグに好みの文字を2千円でプリントする。ネット通販で販売動向を見極め、2019年春にも直営店を開く。米ロサンゼルスの生活スタイルを表現した商品を充実させ、アジア展開も視野に入る。

ワールド子会社のアルカスインターナショナル(神戸市)は、アニメやマンガなどとコラボレーションした新ファッションブランド「プラチナオーラ」の展開を開始した。ネット通販サイト「ワールドオンライストア」で販売する。

第1弾として人気のコンテンツ「サンリオ男子」とコラボ。大人が日常でも使いやすいように袖に「サンリオ男子」の刺しゅうをシンプルに入れたTシャツ(3500円)やロゴ入りのトートバッグ(2300円)などを販売した。今後、対象商品を広げる。

アニメは、映画のヒットや海外でのアニメブームなど楽しみ方が多角化することで、ファン層が幅広い世代に広がっている。ネットに慣れた顧客との相乗効果も高いことから、ネット通販での先行販売に着手した。キャラクターを前面に出さず、大人でも普段使いがしやすいようにする。

アパレル大手は商品を開発し百貨店や専門店などの実店舗で販売する手法が中心だった。ただ、在庫の管理や出店のコストがかさむ要因にもなっていた。「ゾゾタウン」の台頭で衣料品でもネット通販が主流になりつつある。アパレル大手は新ブランドの投入をネット通販から投入することでノウハウを蓄積し、既存ブランドの拡販にも活用する狙いだ。(企業報道部 花井悠希)

[日経産業新聞 2018年11月28日付]

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。申し込み月無料でご利用いただけます。

 
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報