/

この記事は会員限定です

荏原、クラウドやRPA導入で営業人員を2割削減

[有料会員限定]

荏原は標準ポンプ事業に営業支援クラウドソフトやRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入し、営業人員を約2割減らした。余剰人員は人手の足りない別事業部に配置転換する。汎用品の標準ポンプは価格競争が激しさを増している。同社は標準ポンプを含む風水力事業で2018年12月期に100億円の営業利益確保を目指す。

米セールスフォース・ドットコムの顧客情報管理(CRM)システムなどを全面的に取り入れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン