/

この記事は会員限定です

西武鉄道など、AI警備ロボ実証実験 職員の負担軽減

[有料会員限定]

西武鉄道などは27日、人工知能(AI)を搭載した警備ロボットの実証実験を西武新宿駅(東京・新宿)で報道陣向けに公開した。改札外のコンコースを往復し、しゃがみこんだ人を検知して駅員に伝えた。鉄道駅で自律移動型の警備ロボットを動かすのは日本初。職員の負担軽減や駅利用者の安全確保を狙う。課題を検証し、2020年の実用化を目指す。

警備ロボの名前は「ペルセウスボット」。日本ユニシス、防犯装置のアースアイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り534文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン