2018年12月17日(月)

F35戦闘機 最大100機追加取得へ 1兆円、政府検討

政治
中国・台湾
北米
2018/11/27 11:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は最新鋭ステルス戦闘機「F35」を米国から最大100機追加取得する検討に入った。取得額は1機100億円超で計1兆円以上になる。現在導入予定の42機と合わせて将来的に140機体制に増える見込み。現在のF15の一部を置き換える。中国の軍備増強に対抗するとともに、米国装備品の購入拡大を迫るトランプ米大統領に配慮を示す狙いもある。

【関連記事】防衛費、対トランプで使い分け 「1%以内」とNATO基準

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報