パプアの通信インフラ敷設 中国ファーウェイに決定

2018/11/26 21:57
保存
共有
印刷
その他

【シドニー=松本史】パプアニューギニアが計画する国内インターネットインフラ事業で、同国政府が敷設事業者を中国の華為技術(ファーウェイ)に決めたことが26日、分かった。担当のデュマ公共事業・投資相がロイター通信に語った。同事業を巡り、中国の影響力拡大を懸念する米国が対抗案を提示していた。

デュマ氏はロイター通信に対して「すでにファーウェイと契約しており、(今回の選択は)名誉や誠実さの問題だ」と話し…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]