/

この記事は会員限定です

経済政策、未来投資会議が前面に 諮問会議の影響力低下

[有料会員限定]

政府の未来投資会議が経済政策のとりまとめで重みを増している。26日にまとめた消費税増税対策や社会保障政策などの重要政策の骨格づくりは未来投資会議が主導した。これまで司令塔だった経済財政諮問会議に代わり首相官邸の意向を反映する場になりつつある。舞台回しを務めるのは経済産業省。主役交代の背景には各省庁のせめぎ合いも透けて見える。

政府は26日、未来投資会議、経済財政諮問会議、まち・ひと・しごと創生会議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1035文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン