/

この記事は会員限定です

佐賀大・オプティム、希少のムラサキ ICT栽培

化粧品や医薬の原料に

[有料会員限定]

佐賀大は同大発のIT(情報技術)企業、オプティムや佐賀県唐津市などと連携し、栽培が難しく、絶滅危惧種に指定されている日本古来の植物「ムラサキ」の収穫に成功した。栽培にはセンサーなどのICT技術を活用し、篤農家の経験や勘に頼らない栽培技術の確立を進めている。安定供給に向けて改良し、化粧品や染料、薬の原料のほか、化粧品や織物として地域で商品化し、6次産業化につなげる。

ムラサキの「紫根(シコン)」と呼ばれる根の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン