/

この記事は会員限定です

共和レザー、中国で車向け合皮増産

[有料会員限定]

共和レザーは中国で自動車向け合成皮革の増産投資に乗り出す。北京近郊の工場に10億円強を投じ、2019年2月をめどに生産能力を5割増強する。中国経済の先行きには不透明感もあるが、内装を充実させた高級車の販売は好調だ。中国の自動車市場は成長が続いており、増産体制を整えることで需要を取り込んでいく。

北京郊外の生産子会社、共和興塑膠(河北省廊坊市)に塩化ビニールをシート状に圧延するカレンダー加工機1台を増設し、3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン