2018年12月13日(木)

セブンイレブン、千葉尽くしの弁当 県内で販売

小売り・外食
南関東・静岡
2018/11/26 22:00
保存
共有
印刷
その他

セブン―イレブン・ジャパンは27日から、千葉県産食材を使った弁当とスイーツの販売を県内の店舗で始める。千葉市などと連携協定を結んだことを受けて開発した。地元食材を使ったメニューを通して、地産地消をアピールする。

県産ののりや野菜を使用した

商品名は「あさり御飯幕の内」で、価格は580円。県産の江戸菜の煮物や富津産ののりのつくだ煮など、県産の食材を取り入れた。県内のセブンイレブンで27日から、約3週間の期間限定で販売する。県産のさつまいも「紅あずま」を使ったプリンも同時期に販売する。

セブン―イレブン・ジャパンなどセブン&アイグループ6社は7月、千葉市、市原市、四街道市の3市と包括広域連携協定を締結。締結後、地域産品を扱った物産展などを開いていたが、商品を開発・販売するのは初めてという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報