/

この記事は会員限定です

富山県、台湾に熱視線 鮮魚を即日輸出 マラソンで連携

(北陸ウエーブ)

[有料会員限定]

観光が中心だった富山県と台湾のモノとヒトの交流が深化している。11月上旬、富山の魚が富山空港から台湾に初めて輸出された。双方のマラソン大会も連携に向け動き出した。富山―台北便が昨年の冬から通年で週4便以上となったことが後押ししている。

「新鮮な魚をその日のうちに台湾に輸出する」。水産貿易会社、魚河岸(富山県射水市)の広島順三社長は早朝の岩瀬漁港(富山市)で期待に胸を膨らませた。

11月8日午前6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1524文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン