女性杜氏の時代来た 山口県でも初、中四国で6人目 人材難も背景
中四国ウエーブ

2018/11/26 18:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山口県で初の女性杜氏(とうじ)が誕生した。中四国エリアでは、これで6人が現役で働くことになる。伝統的な日本酒製造の現場では従業員の高齢化と後継者不足を背景に、女性杜氏がじわりと増えつつある。細やかな気配りとセンスを武器に、かつては女人禁制だった「蔵」に新風を巻き起こしている。

21日、東京のベルギー大使館で10月に開かれたブリュッセル国際コンクール日本酒部門の授賞式が行われ、新谷酒造(山口市)の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]