三菱自もゴーン会長解任 「業務遂行が困難に」

2018/11/26 23:16
保存
共有
印刷
その他

三菱自動車は26日、臨時の取締役会を開き、報酬過少記載事件で逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者(64)の会長と代表取締役の職を解いた。ゴーン元会長は2016年に不祥事から経営危機に陥った三菱自への出資を即断し、日産自動車・仏ルノー連合と開発や調達など幅広い領域で一体化を進めていた。それだけに日産とルノーの関係が混迷すれば三菱自の経営再建の行方にも影を落とす。

三菱自の会長職は益子修最高経営責任者(…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]