2018年12月19日(水)

富士フ、アルツハイマー病薬を欧州で治験 19年春にも

ヘルスケア
2018/11/26 18:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士フイルムホールディングス(HD)は2019年春、欧州でアルツハイマー病の発症を遅らせる薬の臨床試験(治験)を始める。原因たんぱく質「タウ」の減少を狙う薬で、23年ごろの販売承認申請を目指す。認知症患者は50年に世界で1億5千万人超と現在の3倍に膨らむ見通し。患者が自立して暮らせる期間を延ばせれば、本人や周囲の負担を減らせる。

アルツハイマー病は原因物質が脳にたまって神経細胞が死ぬ病気。認知機…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報