新潟県内景気は踊り場 長岡大の栗井准教授に聞く

2018/11/26 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新潟県内の景気動向が見えにくい状況が続いている。今秋に国の機関などが発表した7~9月の県内景況に関する調査では、景気の判断を示す指数に改善と悪化が混在していた。県経済の実態をどうみればいいのか。企業関係の調査に詳しい長岡大学の栗井英大准教授に話を聞いた。

――各種の調査結果から、県内経済の状況をどのように見ますか。

「7~9月の調査結果に関していうと、全体としては横ばい、踊り場の状況だと言えるの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]