/

この記事は会員限定です

英送金ベンチャー、日本で新型デビットカード検討

共同創業者のカーマン氏、「毎月20%成長」

[有料会員限定]

日本に在住する外国人が増え、国際送金へのニーズが高まるなか、英国発のフィンテックベンチャー、トランスファーワイズが存在感を高めている。送金時間の短縮や割安な手数料をアピールする。同社の共同創業者クリスト・カーマン氏は日本経済新聞の取材に、銀行経由に比べて手数料が「(最大で)8分の1になる」と強調。日本では新型のデビットカードの発行を検討していると明らかにした。

――トランスファーワイズのサービス内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1166文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン