/

この記事は会員限定です

ゴーン騒動にみる欧州統合の難しさ

欧州総局編集委員 赤川省吾

[有料会員限定]

産業政策を巡る欧州統合の難しさが浮き彫りになった。降ってわいたような日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者の逮捕劇。瞬く間にフランスでは同情論が広がり、日産による陰謀との報道が相次いだ。だが、この事実は日仏の相互理解が欠けていることを示しただけではない。今まで覆い隠されてきたドイツとフランスの温度差が見えてくる。

仏自動車大手ルノーとの経営統合を嫌う日本人が、ゴーン容疑者を軽微な罪で日産から追...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン