2019年6月16日(日)

長期金利、0.085%に低下 3カ月ぶり低水準

2018/11/26 16:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の長期金利が一段と低下してきた。指標となる新発10年物国債利回りは26日に一時、前営業日に比べて0.010%低い(債券価格は高い)0.085%に低下した。8月22日以来約3カ月ぶりの低水準となる。世界経済を巡る不透明感の台頭や、米国の利上げペースの鈍化観測などを背景に海外金利が低下。この流れが日本の債券市場にも波及した。

日銀が市場から一定額の国債を買い入れていることも、債券投資家の買い安心…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報