4つの"しょく"文化 広瀬浩二郎

エッセー
2018/12/4 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食・色・触・職。これら4つの"しょく"は、「視覚障害者文化を育てる会」(4しょく会)の基本理念である。2001年11月、僕は関西地区の有志とともに本会を結成した。本会は視覚障害の仲間に対して、自分たちは独自の文化を持つ存在であることを自覚・発信しようと呼びかけている。新世紀の幕開けという社会情勢が、文化を標榜する本会スタートの追い風になったのは確かだろう。

一方、僕の中には本会を従来型の運動団体…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]