トヨタのEVカーシェア「風前のともしび」
MaaSの衝撃(2)

2018/12/19 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車は、移動手段をサービスとして提供する「MaaS(マース)」時代の主役たるオペレーター(運営者)ではなく、支援側に回る。コネクテッドカー(つながる車)や自動運転車、その管理基盤を開発し、MaaS運営者に提供する「B2B」のプラットフォームを作り上げる。

■MaaSは「局地戦」

主役ではなく「脇役」の座を狙うのは、「MaaSでもうけるのは難しい」(トヨタの技術幹部)との判断があるからだ。M…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]